L'espace Editing Tips !

28
[Premiere TIPS] パンケーキタイムライン

[Premiere TIPS] パンケーキタイムライン

パンケーキタイムラインの紹介です。 タイムラインを上下に並べることで、各タイムラインへのアクセスが素早くなり、編集のスピードアップが期待できるテクニックの1つです。 上下に並べるタイムラインの種類としては、状況に応じて、主に2通りが考えられます。 ・「素材」と「編集」のタイムライン(編集初期のラフ編集など) ・「以前」と「現在」の編集タイムライン(比較や以前の編集に戻すなど) 上下に並べる手順は簡単です。 シーケンスを2つ開き、タブをドラッグするだけです。 Tips

22
[Premiere TIPS] ver.14.1 新機能 プロダクション ワークフローガイド 翻訳版

[Premiere TIPS] ver.14.1 新機能 プロダクション ワークフローガイド 翻訳版

Premiere Pro 2020 ver.14.1 から「プロダクション」という機能が新しく搭載されました。Premiere Pro の弱点を補ってくれる非常に大きなアップデートです。 今までは1つのプロジェクト内で素材やシーケンスをビンで整理&管理していましたが、プロダクション機能により、プロジェクトをビンのように扱うことができ、それら複数プロジェクトを Premiere で整理&管理できるようになりました。「プロジェクト .prproj の上にさらに1階層増えた」と考

16
[Premiere TIPS] PluralEyesによるビデオとオーディオの自動同期のコツ

[Premiere TIPS] PluralEyesによるビデオとオーディオの自動同期のコツ

PluralEyes とは、ビデオクリップとオーディオ収録機器で収録したオーディオクリップを自動で同期してくれるアプリです。カチンコ合わせで画と音を貼り付けるなどの、いわゆる「音貼り」を自動で行なってくれるソフトです。 PluralEyes 4 https://www.redgiant.com/products/shooter-pluraleyes/ https://flashbackj.com/product/pluraleyes PluralEyes はチュートリアル

28
[Premiere TIPS] シーケンス内のクリップマーカーにジャンプする方法

[Premiere TIPS] シーケンス内のクリップマーカーにジャンプする方法

シーケンス内の好きなクリップマーカーに一発でジャンプする方法についてです。マーカーパネルを使用します。 と、その前に Premiere のマーカーについて簡単な紹介です。 Premiere のマーカーは以下の2種類あります。 ・シーケンスマーカー ・クリップマーカー Premiere Pro マニュアル マーカーの操作について https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/using/markers.html シーケンスマーカーは、シー

8
[Premiere TIPS] ProTools 向け AAF 書き出し方法

[Premiere TIPS] ProTools 向け AAF 書き出し方法

AVID ProTools 向け AAF の書き出し方法についてです。 AAF で書き出すメリットは、2点あります。 ① WAV(Broadcast Wave 形式の場合)のメタデータ(タイムコードなど)を ProTools に引き継げる ② Premiere で指定したゲインを ProTools に引き継げる(最大 12db まで) ProTools においてメタデータが必要な場合、ゲインを引き継ぎたい場合は、AAF 書き出しが有効です。 OMF ではメタデータ、ゲ

9
[Premiere TIPS] 音量の調整はオーディオゲインが便利

[Premiere TIPS] 音量の調整はオーディオゲインが便利

音量の調整を行う方法はいくつかありますが、オーディオゲインによる音量の調整が便利です。 "オーディオゲイン"はオーディオクリップを選択し、右クリックメニューからアクセスします。ショートカットも設定できます。 例えば、エフェクトコントロールパネルのボリュームによる音量調整は、パネルに移動するまで手数も必要、かつ、キーフレームを設定したくない場合(ほぼ設定したくない)、わざわざアニメーションをオフにする必要もあります。また、+6 dB しか上げられず、それより上げたい場合、追

8
DaVinci Resolve へ効率的に素材を引き継ぐ

DaVinci Resolve へ効率的に素材を引き継ぐ

Premiere Pro のエフェクトによるカラコレではなく、DaVinci Resolve でカラコレを行う場合に、効率的に素材を引き継ぐ方法です。 ※Premiere から Davinci Resolve に移行せず、Autodesk Flame などのオンライン編集へ直接移行する場合、この記事の内容はあまり意味がありません。 通常、オフライン編集後に EDL や XML を書き出し、シーケンスを引き継ぎます。複数タイプ(シーケンス)ある場合、複数の EDL や XM

12
[Premiere TIPS] マルチチャンネルオーディオの QuickTime を書き出す

[Premiere TIPS] マルチチャンネルオーディオの QuickTime を書き出す

メディア書き出しにおいて、ほとんどの場合、オーディオはステレオ(2ch)になると思いますが、Premiere Pro はマルチチャンネル(3〜32chまで)オーディオの QuickTime 書き出しも可能です。 以下、4ch(デュアルステレオ)オーディオの QuickTime を書き出す手順です。 トラックの種類は「標準」(←ステレオと同義)の場合です。 ※ 画像は Premiere Pro CC 2015.2(Mac) 1. マルチチャンネルのシーケンスを作成 新規シ

4
[Premiere TIPS] ディゾルブをかけた時にスムーズに変化しない問題

[Premiere TIPS] ディゾルブをかけた時にスムーズに変化しない問題

v1以外・もしくはレイヤーをまたいでディゾルブをかけるとスムーズに変化しない問題があります。 シーケンス設定の「リニアカラーで合成」にチェックが入っていると、V1 にクリップが配置されている状態で V2 クリップにクロスディゾルブを適用時、トランジションがスムーズに変化しません。 ※「リニア」=均等に変化するディゾルブの事です ※「非リニア」=均等ではなく急に変化が起こってしまいます デフォルトの新規シーケンスのプリセットには「リニアカラーで合成」チェックが「入」ってい

7
[Premiere TIPS] 大量の画像シーケンス(連番ファイル)を一気に読み込む

[Premiere TIPS] 大量の画像シーケンス(連番ファイル)を一気に読み込む

Premiere Pro での画像シーケンス(連番ファイル)の読み込みは、1クリップずつ行うしかないため、大量の画像シーエンスを読み込みたい場合、非常に時間がかかってしまいます。Premiere Pro に短時間で大量の画像シーケンスを読み込みたい場合、AfterEffects を使用することで可能です。 以下、手順です。 1. AfterEffects に大量の画像シーケンスを読み込む ドラッグ&ドロップなどで画像シーケンスを読み込みます。 2. AfterEffe

7