「ほったらかしでOK」なタイムコード同期 【前編】
見出し画像

「ほったらかしでOK」なタイムコード同期 【前編】

タイムコードとは?
動画と音声の収録時に、素材に記録される時間のアドレスです。

秒より小さい単位「フレーム」まで含めた8桁の時間表記がタイムコードです


タイムコード付きのカチンコ製品などもあります
出典:Timecode Systems TS-TCB

ポスプロでは大まかに

オフライン → カラーグレーディング → オンライン → MA

この4段階で橋渡しされて、完パケになります。
1段階目の、オフラインから渡される編集データ(EDL,AAF)には、使い所のタイムコードが記述されています。

画像4
すべての工程でタイムコードを基準に作業が進みます

編集データを受け取るグレーディング・オンライン・MAは、編集データのタイムコードからオフラインの使い所を判断し、一致させて、大元の素材と紐付けていきます。

つまり、ポスプロにおいてタイムコードは「超重要」なのです。

このタイムコードが、画と音の収録素材が同期していないと、オフラインやMAで、ひたすら手作業で一致するテイクと、カチンコを探ることになり、モノによっては気の遠くなる時間と労力がかかります。

画像5
動画編集は映像と音声をマッチさせることから始まります

画は早送れますが、音はひたすら等倍で聞いていくしかなく、やったことがある者にしかわからない苦しみです。

画と音素材のTC同期は撮影時にしかケアできないので、現場側としては絶対やっておきたい準備になります。

しかし、いまだにTC同期の必要性・手段を知らない方もいます。。

TC同期に疑問を感じる方の意見は、主に3点です。

・カチンコ打ってるからいらないのでは?
・スクリプターが記録しているから、いらないのでは?
・撮影現場でTC同期し続ける監視と労力をかけられない。

1.カチンコ打ってるからいらないのでは?

・カチンコ入ってても、フォーカスボケで読めない。
書いてるカットナンバーがミスで実際の内容とズレている。

といった理由で、完全にあてにはできません。

画像1
ピントが合っていないと見えません、、


2.スクリプターが記録しているから、いらないのでは?

 > スクリプトを見て、順番にカウントしても最終テイクでずれているケースは多々あります。
理由は、

TC、テイクずれの要因としては

・回ったけど、一旦カットして、またすぐ回した。

・子供や動物、ドキュメンタリー方式等で長回しする際、撮影部がいちいち、カチンコ・スクリプターにカット毎に、カットしたこと伝えていられない。


など様々です。


3.撮影現場でTC同期し続ける監視と労力をかけられない。

 > その通りです。労力なんてかけたくありません。
これは、やり方に問題があります。

画像2
Jam SyncはだんだんTCがズレていきます、、

この手のタイムコード同期手段は、タイムコードのマスター(親)1つだけを録音部 or カメラ側が持っていて、カメラと録音部で”定期的に挿し替えて”TCを記憶させて同期(Jam Sync)してるケースです。

休憩の時だけ1日に数回だけ抜き差ししても、カメラやオーディオレコーダーの電源オンオフや、HSとノーマルチェンジしてるうちに徐々にずれていくので、信頼性に欠けます。
TCの為に電源オフにしないなんて、バッテリーとの兼ね合いでそうもいかないし、ましてやTCを監視し続けることなどナンセンスです。

後編にて、
○ シンプル
○ ほったらかし

でOKなTC同期手段を紹介します。


by KOGAMI


レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!