「ほったらかし」でOKなタイムコード同期 【後編】
見出し画像

「ほったらかし」でOKなタイムコード同期 【後編】

前編ではjam syncではTCがズレていってしまう事例などをご紹介しました。

後編では私が過去数年の撮影で、ずっと安定し、高精度な、実績のある

◯ シンプル
◯ ほったらかし

のタイムコード同期手段を紹介します。

まず、必要なのは、下記の要件を満たすUltraSync Oneといったタイムコード デバイスが必要です。

・ワイヤレス同期
・超小型軽量
・長寿命 内臓バッテリー

出典:Timcode Systems

UltraSync Oneは、カメラと録音部で最低2つ必要です。
Bカメもあるなら、3つです。

1つをTCの基準となるマスター"Int-Gen TX (Master)"にし、

それ以外を全てスレーブ "RF Slave"にします。

全てのRFチャンネルNo.を合わせれば、UltraSync One同士がワイヤレスで、同期します。

出典:Timecode Systems

それぞれ液晶のTCが同期し、LEDランプもグリーンの点滅も同期することで確認できます。

例:ABカメと録音部をUltraSync Oneを用いてTC同期構成 

・Master →Aカメラ
・Slave    →Bカメラ
・Slave    →録音部(オーディオレコーダー)

それぞれのUltraSyncOneを、下図のようにカメラと録音部(オーディオレコーダー)を、FreeRun & Ext-Regenにして、常時LTC-INに繋げっぱなしにします。

FreeRun:Recしていなくても常時走り続けるTCモードです。

Ext - Regen:外部からTCを受け取って、走るTCモードです。

※カメラやオーディオレコーダーによってTC-INのコネクタが違います。
Ultra Sync OneのLTC-OUTはミニBNCなので、BNC or Lemo5ピン変換ケーブルなど必要です。

UltraSync Oneは内蔵バッテリー25h以上の長寿命です。
朝一番に、MasterのTCをセットしたら、ずーっと電源入れっぱなしでOKです。
これで、何しようが、常時UltraSync OneのTCに勝手に同期します。

完全にほったらかしです。

精度はどうか?
全くずれません。2017年からUltraSync Oneをずっとこのやり方で使い続けてますが、常に1フレ以内に収まりまっています。

オフライン用のデータ変換もDITの自分が担当するので、ついでに録音部の同録データをTC同期で貼り付け作業もやります。
DaVinci Resolveで1クリックでできるので、全く手間ではないです。


同系列の製品で、Tentacle Sync-EというTCデバイスもあります。
UltraSync Oneと同様の特徴を持っており、マイクも内蔵しているという優れものです。業界的にはTentacleの方がユーザー数は多いかもしれません。
個人的には使用していないので、詳細は割愛させて頂きます。

出典:TENTACLE SYNC


これらTCデバイスを、朝一番にカメラと録音部とで同期したら、後はほったらかしておくだけです。

映画・ドラマのようなDIT不在のケースでも撮影部・録音部だけでできます。

カメラ台数と録音部分の数が必要だから、コストがかかるのでは?
と思われるかもしれませんが、そんな高級品ではありません。機材屋さんで3000円位でレンタルできます。


※FreeRunは実時間だから、何日も撮影しているとTCが重複する。RecRunにしてTC重複しない方がいい。
という方もいます。

・RecRunはカメラが回った時しか走らないTCモードなので、録音部と同期はまず不可能です。

・TCは重複すべきではない。←これは一理ありますが、TCの重複は、画と音素材を撮影日ごとにフォルダ(ビン)分けしておくだけで簡単に回避できます。

昨今、Netflixなど素材分けのフォルダ構造は、Day1,2,3と日付ごとに分ける仕様になってます。これはその為だと考えられます。

by KOGAMI





レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!