見出し画像

3DスキャンデータをAR用途に活用

2019年11月13日 に開催されましたInterBee2019でレスパスビジョンのブースを出展させていただきました。

展示ブース内の「Apple ARkit AR体験コーナー」では3Dスキャンされた人物をiPadで実際にAR体験していただきました。

iPadの内部ストレージに3DスキャンからUSDZに変換されたデータを置くだけでQuick Lookの機能で簡単にARを体験することができます。

3DスキャンからARに表示するまでの流れを動画にしました。
このデモではあえて3Dスキャン後のクリーンナップ処理を一切していません。いわゆるスキャン直後の「RAWメッシュ」のままでの活用デモになっています。

Apple Quick LookはWEBページにUSD形式のデータを配置するだけでARを体験できます。アプリへの組み込みなどは一切不要です。お客様にARの可能性を感じていただく最適な方法です。

画像6

画像4

画像5


最近はApple製品をARで体験できるようになり話題になりました。

AdobeのARモックアップを手軽に作成できるアプリAdobe Aeroにも3Dスキャンデータを読み込んでみました。

画像1

画像2

画像3

Apple Quick Lookに比べるとだいぶ画質が劣りますが手軽にAR環境を構築・テストすることができます。


次の記事では実際にiOSでARをお試し頂けます。






7
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

"Steam-Studio" Memo
"Steam-Studio" Memo
  • 8本

レスパスビジョンのCG/VFXチーム「Steam-Studio」からのお知らせ。 担当した作品紹介や3Dスキャンの実験風景などを投稿予定です。https://www.steam-studio.jp/