見出し画像

iOS13でARを体験してみる(ARサンプルあり)

3Dスキャンスタジオ "iris”でスキャンした3Dモデルは条件が良ければ未修正のままでもそこそこAR用途で使えてしまいます。本格的に3Dモデルを作り込まなくともARのテスト用途には十分な品質があります。

3Dスキャンの流れは以下になります。

iOS13(iPhone,iPad)であればUSDZを開くだけですぐにARを開始することができます。そんな便利な機能がApple Quick Lookです。

さっそく以下のAR用ファイルをiOSの「ファイル」にダウンロードしてみましょう。(WEBブラウザはSafariでお試しください)

画像1

「表示」をタップしてもOKです。すると以下のようなページになります。
右上の「立体アイコン」がAR表示可能なサインです。

画像2

「AR」はポケモンGoのようにカメラの世界にこの3Dデータが配置されます。

画像5

「オブジェクト」は3Dモデルをぐりぐり動かして確認することができます。

画像3

サンプルは「実寸」でUSDZを作成しています。XCODEでの単位はm(メートル)なので大きいサイズのARテストも自在です。

iOSの「ファイル」についてはこちら

ダウンロードしたら「ファイル」を起動し、『iris_Apple_AR_15K.usdz』をタップして開いてください。

画像4

即座にARモード(Quick Look)が始まります。

「ファイル」にUSDZファイルを事前に準備しておけばネット環境がなくともサクサクARをチェックできます。

以下にAppleがQuick Lookのサンプルを公開しています。iOS13であればWEBブラウザ(Safari)から直接ARコンテンツを表示することが可能です。


こちらはアニメーション付きARデータのサンプルです。
(古いiPhoneですとメモリ不足のエラーが表示されるかもしれません)

☆Tips
USDZは1ファイル10MB以下にすることがエラー回避のコツです。
iPhoneよりもiPad Proのほうがメモリエラーが出にくくリッチなARを表示可能です。

本格的なARアプリを開発するのはとてもコストが掛かってしまいますが、Quick Lookによって手軽にARをテストすることが可能になりました。

htmlからusdzファイルにリンクを貼る場合WebサーバーのMIME設定にusdzを追加しなくてなならないようですが、最新のiOSであれば認識する?気がします。このあたりの挙動はWEBエンジニアとご相談ください。

リアルなAR素材をサクッと作成したい場合はお気軽にご相談ください!

こちらから3Dモデルサンプルをブラウザからご覧いただけます。


お問い合わせWEBフォームはこちら



7
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace Visionのつぶやき
L'espace Visionのつぶやき
  • 30本

レスパスビジョンからのお知らせ、コラムなど不定期に投稿予定です。