L'espace Vision
Adobe Encoreの代わりに「ブルーレイ」を焼く方法 【macOS】
見出し画像

Adobe Encoreの代わりに「ブルーレイ」を焼く方法 【macOS】

L'espace Vision

Adobe Encoreが開発中止になってしまったためブルーレイも気軽に作れなくなってしまいました。

前回の記事ではAdobe Encoreの代わりにApple CompressorでDVDビデオを焼く方法をご紹介しました。

今回も同じく以下のアプリ3つを使ってブルーレイを作成する方法をご紹介します。
・Apple Compressor
・Apple Final Cut Pro
・Toast DVD

基本的にはDVDを焼く方法と同じ手順です。「黒み」などを挿入する場合 Final Cut Proを使用してください

Final Cut Proのプロジェクトを作る

早速 Final Cut Proのプロジェクト(シーケンス)の設定をします。「フォーマット」や「レート」は素材に合わせて設定してください。

クッションとして本編の頭に黒みを5〜10秒程度つけておきます。
プロジェクトを作成したら「T」のアイコンを選択し、「ジェネレータ」→「単色」→「カスタム」をダブルクリック。

シーケンスに10秒の黒みが追加されます。

「カスタム」なので色を変えることができます。シーケンス上の「カスタム」を選び、画面右上のパラメータから完全な黒になっているか確認しましょう。

RGBすべて0で黒です

黒みの長さは自由に調整してください。5秒程度付けておくと良いとおもいます。

オーディオを貼り替える

別途MA後の音声ファイルなどがある場合は差し替えが必要です。
シーケンス上の素材を選んで右クリック。「オーディオを切り離す」で映像と音声を別々に扱うことができます。

このように分かれるので、切り離された音を削除。イベント(素材置き場)内に必要な音データを読み込み、シーケンスにのせてください。

音ファイルを貼り付けています

タイムコードを焼き付ける

チェック用であればタイムコードを焼き付けることが必要な場合があります。
「T」アイコンを選び、「ジェネレーター」→「要素」→「タイムコード」をシーケンスにドラッグ&ドロップ。

タイムコードの左に「Project」と付いてしまうので、

画面右上、パラメータの「Label」の中の文字を消します。

Compressorに送る

Final Cut Proで準備ができたら
メニューバーの「ファイル」→「Compressorへ送信」→「新規バッチ」でCompressorに移ります。

CompressorでBDMVの書き出し

画面左の「Blu-ray / AVCHDを作成」から「名称未設定プロジェクト」とあるところへドラッグ&ドロップ。

チャプターを付ける

TCをダブルクリックすると入力できます。
チャプターを付けたいTCを打ち込んでEnter。

書き出しの設定

「Blu-ray / AVCHDディスクを作成」を選択

画面右に設定項目が出てくるので、その1番下「操作」の設定を以下のように変更。

・出力デバイス : ハードドライブ※1
・ビルドタイプ : フォルダ(BDMVが作成されます)
・ディスク読み込み時 : ムービーを再生
※2
タイトル、ボリューム名 : 任意※3

※1.直接ディスクに焼いてしまうと、途中でエラーが起きたり落ちて止まったりした時にBDMVが残らず、もう一度書き出しなおさないといけなくなります。BDMVは一度ローカルに書き出しましょう。

※2.CompressorでBlu-rayを作成すると、必ずメニューが作成されます。ここで「ムービーを再生」を選んでおかないとディスク読み込み時、最初にメニューが表示されてしまいます。

※3.デフォルトではタイトル名は「名称未設定」、ボリューム名は「UNTITLED_DISC」となっているので、作品名や案件名がわかるような名前にしておきましょう。

オーディオ設定

CompressorでBlu-rayの作成をする時、デフォルトはオーディオがDolby Digitalになっています。業務用途としてはかなり音質が変わってしまいますので、ポスプロチェック用途の場合は「非圧縮」をおすすめします。

非圧縮フォーマットとして【AIFFプリセット】に変更します。
【WAVプリセット】ではバグ?で正常にBDMVが作成されません
※AIFFは中間ファイルの設定になります。元素材の形式とは関係ありません

非圧縮オーディオを使う場合は「AIFF」を使用してください


画面左、オーディオフォーマットのAIFFをソースのDolby Digitalに向かってドラッグ&ドロップ。

AIFFに変更できたら、AIFFの設定を確認します。

画面右、設定の「オーディオ」を見ると自動で設定してくれていますが、必要があれば手動で設定してください。

基本は以下の設定になります
・チャンネル : ステレオ
・サンプルレート : 48kHz
・サンプルサイズ : 24ビット


ビデオ設定


フレームサイズ、フレームレートは素材に合わせて設定してくれます。手動で設定しても大丈夫です。
「ビットレートを自動的に選択」のチェックは外してください。

Compressorで設定できる平均・最大ビットレートの最大値は以下になります
・平均ビットレート : 30Mbps
・最大ビットレート : 35Mbps

予想ファイルサイズが50GBを超えてしまう場合は平均ビットレートを下げてください。

「BDMV」を書き出す

AIFFとH.264を選択して右クリック。「場所」→「その他」からBDMVの書き出し先を選びます。

書き出し先を選んだら、「Blu-ray / AVCHDディスクを作成」を選択して、下の「バッチを開始」をクリック。

「バッチを開始」をすると書き出しが始まります。完了まで待ちましょう。


Toast DVDでBDMVをディスクに焼く

書き出したBDMVフォルダの容量によって1層のディスクを使うか2層のディスクを使うかが変わります。

・25GB未満 : 1層
・25〜50GB : 2層

50GBを超えてしまった場合はCompressorのビデオ設定で平均ビットレートを下げて書き出し直しましょう。

Toast DVDを立ち上げると、左上が「DVDビデオ」になっているので「BDMVフォルダ」に変更します。

Compressorで書き出し先に選んだフォルダの中に、自分が設定したボリューム名のフォルダができています。

このフォルダを「Toast DVD」の中央の大きな矢印のところへドラッグ&ドロップします。
Blu-rayディスクを入れ、右下の赤い「書き込み」ボタンを押せば書き込み開始です。

最後に必ず再生チェックを行います。

※免責事項※
本記事内で公開している全ての手法の有用性、安全性について、当方は一切の保証を与えるものではありません。これらの手法を使用したことによって引き起こる直接的、間接的な損害に対し、当方は一切責任を負うものではありません。自己責任でご活用ください。業務使用の前に十分なテストをお願い致します。

written by saito (io)



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
L'espace Vision
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!