見出し画像

[Premiere TIPS] Premiere Pro キャッシュ設定のコツ

Adobe Premiere Pro はファイルの種類によっては、オーディオキャッシュを自動作成する仕様です。

弊社で確認したオーディオキャッシュが作成されるファイルは、
MP4(H.264), MTS(AVCHD)
(尺1時間につき、約1.4GB のオーディオキャッシュ)

インストール直後、オーディオキャッシュが作成される場所は、システムディスク(OSのディスク)に設定されています。

画像1

[環境設定]-[メディア]の
メディアキャッシュファイル
メディアキャッシュデータベース
の箇所です。

この設定は Adobe MediaEncoder, AfterEffects, Premiere Pro,および Audition で共有されます。

いつの間にか沢山のキャッシュファイルが、、

画像4

※インストール直後のメディアキャッシュの場所 (Windowsは隠しフォルダ)
Mac OS
Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Common/

Windows  8 /10
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Common\

Premiere Pro をインストールし、メディアキャッシュの場所を変更していない場合、(デフォルトのまま、運用していた場合)オーディオキャッシュがシステムディスクを圧迫します。
システムディスクの空き容量が少なくなると OS の動作が不安定になります。

画像2

Premiere Pro を使用する際は、キャッシュ用ディスクなどを用意し、
メディアキャッシュファイル、メディアキャッシュデータベースの場所を
システムディスク以外の場所に設定することをオススメします!

画像3

written by 栃澤孝至(お手伝いさせて頂いた作品リスト























3
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace Editing Tips !
L'espace Editing Tips !
  • 25本

Adobe Premiere ProやAVID MC、DaVinci Resolveなどの便利なTipsをご紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。