見出し画像

[Premiere TIPS] ディゾルブをかけた時にスムーズに変化しない問題

v1以外・もしくはレイヤーをまたいでディゾルブをかけるとスムーズに変化しない問題があります。

シーケンス設定の「リニアカラーで合成」にチェックが入っていると、V1 にクリップが配置されている状態で V2 クリップにクロスディゾルブを適用時、トランジションがスムーズに変化しません。

画像1

※「リニア」=均等に変化するディゾルブの事です
※「非リニア」=均等ではなく急に変化が起こってしまいます

画像2

デフォルトの新規シーケンスのプリセットには「リニアカラーで合成」チェックが「入」っているため、スムーズではないトランジションになりがちです。
このチェックを外すことでディゾルブの変化がスムーズになります。

< 注 意 点 >
チェックを外すとテロップなどのエッジが黒ずむ場合があります!

画像3

「トランジションもスムーズにしたい」、「テロップのエッジもキレイに保ちたい」場合、不透明度にキーフレームを付けイーズインする、もしくは、その箇所を AfterEffects に移行させる、など適宜対応する必要があります。

※Adobe Premiere Pro CC 2014(v8.2)で確認
※この問題は今後修正される可能性もあります

written by 栃澤孝至(お手伝いさせて頂いた作品リスト


5
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace Editing Tips !
L'espace Editing Tips !
  • 25本

Adobe Premiere ProやAVID MC、DaVinci Resolveなどの便利なTipsをご紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。