SmallHDモニターのキャリブレーションLUT配布!
見出し画像

SmallHDモニターのキャリブレーションLUT配布!

撮影現場モニターにSmallHDをチョイスするチームが増えています。
撮影向けの機能が多彩ですが、何よりも

高輝度でとにかく見やすい

ところが最も評価されています。
屋外ロケでは、従来はモニターフードで完全に遮光しないと照り返しで何も見えず、不満を感じてた監督さん方々が、『このモニターは見やすいね』と感激されます。

< 輝度スペック比較 >
従来17インチSDRモニター輝度:100nits
SmallHD 1703 P3X 最大輝度:900nits

レスパスビジョン撮影グループでも、SmallHD 1703P3X・703Bolt・Cine7を複数台、所有、活用しています。

ただし、
従来モニターと比較すると、色は信用できない。
というのが、巷の評価です。

メーカー出荷時にキャリブレーション(Factory Calibration)されていますが、特にOS ver.4以降キャリブレーションの仕組みが変更され、デフォルトの色の不正確さは顕著になりました。

レスパス撮影グループでは、ポストプロダクションでも使用しているプローブと専用キャリブレーションシステム(CalMAN)で計測したキャリブレーションLUTをSmallHDモニターに入れることで、この問題をクリアしています。

“LUT”と聞くと、かっこいいルックを想像されるかもしれませんが、違います。LUTとは、色を変換するファイルです。
SmallHDモニターはキャリブレーションをLUTで処理しています。
モニターの何もカラープロセスを通していない、”素”の状態を計測した値からターゲット値(DCI-P3 or Rec.709)への変換LUTが、キャリブレーションLUTです。

画像15
ディスプレイカラーアナライザー CA-310とCalMANでキャリブレーション中


↓キャリブレーション後、ターゲットにピッタリ一致した状態

画像1

暗部のディテールなど色再現性が高いと好評価です。
レスパス以外のSmallHDモニターでも、キャリブレーションされた状態でモニタリングしたい。
という声をよく頂きます。

そこでこの度、そのキャリブレーションLUTを配布しちゃいます。

以下の3機種。OSは全て4.7.2でキャリブレーションしました。

・1703P3X (Target : DCI-P3/D65/Gamma2.4)

・703Bolt (Target : REC709/D65/Gamma2.4) 
※フィルタークリア・マット

・Cine7 (Target : DCI-P3/D65/Gamma2.4) 
※フィルタークリア・マット

ダウンロードは↓こちらから

キャリブレーションは個体ごとに実施しているので、やはり個体差はありますが、何もしないよりは遥かにマシでした。Manual Adjustmentで追い込める範囲です。

※個体差のギャップは数台で確認しましたが、明らかに色が違う場合はご使用をお控えください。


以下、キャリブレーションLUTを適用する手順です。

①MENU / Calibration
→New Calibration

画像2


②Calibration Overview
→Next

画像3


③Calibraiton Target
→SDR - DCI-P3 (Recommended)
※703BoltはSDR-REC 709のみ

画像4


④Calibraiton Target
→Accept Calibraiton target

画像5


⑤Profile Display?
→SKIP

画像15


⑥Load 3D LUT
→Browse for LUT

画像7


⑦↑のキャリブレーションLUTをSDカードにコピーして、モニターに挿して、SD CardからキャリブレーションLUTを選択。

画像8


⑧CALIBRATION LUT UPDATED
→KEEP

画像9


⑨HDR Range
→Skip (apply factory measurement)

画像10


⑩Calibration Summary
→Save Calibration

画像11


MENU / Calibaration
→Custom Calibration ON

画像12


MENU / COLOR PIPE
→NEW COLOR PIPE

画像13


REC.709のD65とD93を作成
①SDR / REC.709 / D65 / 2.4 / LEGAL
②SDR / REC.709 / 9300K / 2.4 / LEGAL

作成した① or ②のREC.709をINPUTで選択。

画像14


以上で、キャリブレーションLUT適用完了です。
※映画用はラボ側と確認しつつDCI-P3・D65・ガンマ2.4でモニタリングするなら、COLOR PIPEは、Cal.Target - DCI P3でOKです。


ターゲットは、DCI-P3なのに、COLOR PIPEはRec.709なの?
と思われるかもしれません。

SmallHDのキャリブレーションの考え方は、
ターゲットキャリブレーションLUTは1つだけにし、COLOR PIPEを切り替えてモニター内部で色変換することで、簡単な設定変更を可能にしています。

< Target Calibration >
DCI-P3 / D65 / Gamma2.4


< COLOR PIPIE >
Rec.709 / D65 or D93 / Gamma2.4

必要なら、Custom Calibration / Manual Adjustmentで、さらに微調整して追い込んでみてください。

by KOGAMI



レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!