マガジンのカバー画像

L'espace Visionのつぶやき

69
レスパスビジョンからのお知らせ、コラムなど不定期に投稿予定です。
運営しているクリエイター

2020年5月の記事一覧

[Premiere TIPS] ver.14.1 新機能 プロダクション ワークフローガイド 翻訳版

Premiere Pro 2020 ver.14.1 から「プロダクション」という機能が新しく搭載されました。Premiere Pro の弱点を補ってくれる非常に大きなアップデートです。 今までは1つのプロジェクト内で素材やシーケンスをビンで整理&管理していましたが、プロダクション機能により、プロジェクトをビンのように扱うことができ、それら複数プロジェクトを Premiere で整理&管理できるようになりました。「プロジェクト .prproj の上にさらに1階層増えた」と考

スキ
17

【Teams】Microsoft Teams ミニTips

Zoom以外の映像配信の手段としてMicrosoft Teamsがあります。 Teamsの見た目はかなりシンプルです。Zoomと比べると設定する箇所がないくらいです。 最初にTeams会議に参加した場合、ちょっとハマる箇所をTipsにしました。 「雑音」をカットする機能【ノイズ抑制】Zoomの「オリジナルサウンド」に近い機能が搭載されました。 「音楽」や「演奏」などの小さい音量を勝手にカットされたくない場合に調整することが可能です。 ※現在はWindows版、Mac版どち

スキ
15

MAスタジオ業務【リモートセッション】の運用状況

こんにちは。レスパスビジョンMA部です。 3密を避けるため、現在レスパスビジョンの全MAスタジオは3室とも遠隔地との【リモートセッション】に対応いたしました。 (2020年2月から提供中です) 外部とのやり取りは主にZoom Proを使用しており、中継サーバー等のセキュリティ管理設定など入念にチェックしています。Zoomも v5になりより安心してお使い頂けるようになりました。 最近ではMAスタジオの【リモートセッション】運用例がより増えており、運用ノウハウも着実に蓄積さ

スキ
7

【Zoom】映像リモートセッション参加時の注意

弊社で立ち上げたZoomミーティングルーム経由で映像をリモートでチェックする際のお客様側の注意点です。 「会話」はスムーズにできていても「映像と音声」をZoomで受信する場合、見る側のネットワーク環境はより良い環境が必要になります。 リモートセッション当日ではなく前日など余裕を持ったネットワーク環境の検証が必要になります。 Wifi環境よりも有線LANがベスト Wifiは仕様上、混雑すると一気にネットワーク速度・反応速度が落ちてしまいます。安定した映像の受信には無線より

スキ
17

MAスタジオ全室【リモートセッション】に対応しました

3密を避けながらもプロジェクトを円滑に進めるため MAメインスタジオ3部屋全てで「リモートセッション」に対応いたしました。 音声のやり取り Source Elements "Source Connect" が使用可能です。 海外では大定番のプロ用リモートセッションプラグインです。 Source Connectは7.1chまで対応しています。 国内・国外とでも安定したやり取りが可能です。 遠隔地からのアフレコ録りなどをレスパスビジョンのMAスタジオでレコーディングすること

スキ
8

【Zoom Tips】 高画質で映像配信する方法

Zoomに限らずストリーミング映像配信のシステムはシステムが高負荷になると以下の症状が現れます。 ・映像がカクつく ・映像がぼやける ・音質が悪くなる ・音が途切れる Zoomで映像を配信する場合も同様にPC/MACのシステムに余裕をもたせる必要があります。 これは【配信する側・される側】双方で取り組まなければ良好な結果にはなりません。 ※ストリーミング配信に詳しい方は【目次】の 「強制的に高画質で映像を配信する方法」をお読みください! ※Zoomの音質が悪いと感じる

スキ
147