見出し画像

【Zoom】映像リモートセッション参加時の注意

弊社で立ち上げたZoomミーティングルーム経由で映像をリモートでチェックする際のお客様側の注意点です。

「会話」はスムーズにできていても「映像と音声」をZoomで受信する場合、見る側のネットワーク環境はより良い環境が必要になります。

リモートセッション当日ではなく前日など余裕を持ったネットワーク環境の検証が必要になります。

Wifi環境よりも有線LANがベスト

Wifiは仕様上、混雑すると一気にネットワーク速度・反応速度が落ちてしまいます。安定した映像の受信には無線よりも有線LANが最適です。

Wifiの速度とレイテンシの確認

有線LAN環境が準備できない場合は4G回線、無線LAN環境の品質を調査する必要があります。

Googleで"speedtest"と検索すると以下のように「速度テストを実行」ボタンが表示されます。(Googleのネットワーク速度確認ページに飛びます)

画像1


速度テストが終わると「インターネット速度テスト」が表示されます。

画像2

左の【ダウンロード】の箇所を御覧ください。
Zoomは以下の要件を満たしていると映像と音声が安定し、途切れにくいです。

・【ダウンロード】速度が5Mbps以上
・レイテンシ50ミリ秒以下 (10ミリ秒以下ですと非常に快適です)

※Wifi環境で以下を満たせない場合は有線LANをお試しください。
※Zoomで映像を受信する場合、速度よりも「レイテンシ」の少なさが特に重要になります。

以上の要件が満たせない場合は残念ながらZoomでスムーズに映像と音声を確認することができません。お客様側でより良いネットワーク環境をお探しください。


快適にZoomをお使いいただくハードウェア条件

・【リモートセッション】時にiOSデバイスはおすすめいたしません
・Windows/MACOS の専用アプリ環境をおすすめいたします。
・iOSよりもAndoroid環境をおすすめいたします。
※WEBブラウザ版は極端に低画質なためおすすめいたしません

弊社でZoomアプリをテストしましたがリモートセッションにiOSアプリはやや不向きです。

Zoom iOSアプリ環境のデメリット

・高遅延 (他の環境に比べ【遅延】が大きいです)
・低画質(fpsのカクツキが多めです)
・低音質 (iOSは他のデバイスより音質が良くありません)
・iphone/iPad Proの比較的新しい機種で「セーフフレームが狭い」、「画角が偏る」症状がおきます

※2020/05/18時点の独自見解です
※今後改善される可能性がございます

最新のiPhone/iPad Proなどで中心がずれる、セーフフレーム約83%かつ画面が右に偏る現象が起きます。
配信時のディレイも悪い状況ですと約1/2秒と大きめです。

画像3


Zoom接続時のネットワーク環境を確認する

Windows/MACOSのZoomアプリではネットワークの状況を詳細に確認できる「統計情報」があります。

スムーズに受信できない場合はここを確認お願いします。

■CPU使用率が高い場合
Zoom以外の高負荷なアプリケーションを終了させてください。
赤い文字で警告が表示されます。


画像4


Zoomの「パケット損失」を確認する

統計情報の「オーディオ」「ビデオ」タブをご確認ください。
Zoomは「パケット損失」が40%までは「会話」が成立する独自の配信技術がウリです。ただし「映像と音声」を業務レベルで配信となると3%以下が望ましいです。
同様に【レイテンシ】も【ジッター】も少ないほど快適に映像を受信することができます。

画像5


written by kuboe



14
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace Visionのつぶやき
L'espace Visionのつぶやき
  • 32本

レスパスビジョンからのお知らせ、コラムなど不定期に投稿予定です。