見出し画像

[Premiere TIPS] 「メディアオフライン」時のEDL書き出しの注意点

※Premiere Pro CC 2015.2 当時の記事です

”メディアオフライン”の 29.97fps NDF, 59.94fps NDF のクリップを EDL で書き出すと、DF で書き出されてしまう不具合があります。

23.976fps など他のフレームレートは正常に書き出されます。

これは、EDL 書き出し時、Premiere プロジェクトのみ(HDDが手元になくメディアオフラインになってしまう)の場合、注意が必要です。
例えば、Premiere プロジェクトファイルのみをポスプロなどに送り、EDL を書き出す場合です。
※ FinalCutPro7 はメディアオフラインでも正常に EDL を書き出せます。

原因は、29.97fps NDF, 59.94fps NDF のクリップがメディアオフラインの場合、
「デフォルトの時間表示を使用」=「29.97fps DF, 59.94fps DF」
となってしまうためです。
※ タイムコード設定のデフォルトは「デフォルトの時間表示を使用」

メニュー[クリップ]-[変更]-[タイムコード]の画面

画像1

以下、29.97fps NDF のクリップをメディアオフラインにした場合

画像2

対処法は、プロジェクトパネルにてクリップを選択(複数選択可)し、メニュー[クリップ]-[変更]-[タイムコード]より(右クリックも可)「時間表示形式」を手動で正しく設定後、EDL を書き出します。

その他の EDL の不具合については、以下の記事もご参照ください。

written by 栃澤孝至(お手伝いさせて頂いた作品リスト

※免責事項※
本記事はレスパスビジョンが「Premiere Pro CC 2015.2(Mac)」で確認したものになります。このTIPS内の内容、解説は将来のバージョンにおいて保証できるものではありません。本記事内で公開している全ての手法の有用性、安全性について、当方は一切の保証を与えるものではありません。これらの手法を使用したことによって引き起こる直接的、間接的な損害に対し、当方は一切責任を負うものではありません。自己責任でご活用ください。業務使用の前に十分なテストをお願い致します。


2
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

この記事が入っているマガジン

L'espace Editing Tips !
L'espace Editing Tips !
  • 23本

Adobe Premiere ProやAVID MC、DaVinci Resolveなどの便利なTipsをご紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。