見出し画像

【DIT】Excel版の「撮影素材一覧リスト」を作成

制作部さんは、撮影終わりにDITさんから撮影素材と一緒に、素材一覧リストのPDFをもらったことはありますか?

今回は、それのExcel版の作り方のTipsです。

Pomfort SilverStack
https://pomfort.com/silverstack/

DITさん定番ツールの1つです。
撮影素材のベリファイコピー、QC、トランスコードなどが可能なメディアマネジメントソフトウェアです。
このソフトウェアの機能の1つに、「撮影素材一覧リストのPDF作成」があります。

↓ようなサムネイル、クリップネーム、タイムコード、FPS、解像度など様々なカメラメタデータを含めるPDFを作成できます。

画像12

しかし、ポストプロダクションでの作業時にこのPDFを活用しようとしても『編集』ができず活用しづらいです。
テイクのOK/NGや、演出のメモを記入したり、こういった編集するにはExcelが一般的で、汎用性としても理想的だと思います。

しかし、SilverStackにはExcelのエクスポート機能はありません。


一方、レスパスビジョンで社内開発したShotListは、同じようにファイルのサムネイル付き一覧リストが作成でき、Excelエクスポートが可能です。


が、メーカー独自のカメラRAWのメタデータに1つ1つ対応していくことは難しく、DITが使用するにはいまひとつです。


SilverStack
シネマカメラの詳細なメタデータが出せるが、Excel形式でエクスポートできない。
ShotList
Excel形式でエクスポートできるが、シネマカメラの詳細なメタデータは出せない。
CM撮影で活用する詳細なメタデータとは
・レンズの種類
・シャッター速度
・色温度
・絞り値
・感度
・カメラの各種角度
など専門的なパラメータ群のことを指します


両方の良いとこ取りをして、カメラの詳細なメタデータのExcelが出せる術を無理矢理考えました!

1.SilverStackのExport Reportで、PDFとHTMLをExport

PDFは以下、2つにチェックしてExport。

画像1

HTMLも下記にチェック入れてExport。

画像2

2.Adobe AcrobatProで静止画だけを抽出してExport

AdobeAcrobatProでThumbnails Reportを開き、"Export PDF"からJpeg/Export all imagesにチェック入れ、Exportします。
保存先はフォルダを新規作成し、そこにPDFから抽出した画像連番ファイルをExportします。

画像3

3.ShotListのPreference

"Colums"は、No.と、Centerのみ。

画像4

"xlsx output"は、allにチェック。

画像5

"Misc"は、サムネイルは連番扱いではなく、縦に配置したいので、これにチェック。

画像6

4.サムネイル連番フォルダを、ShotListにImportし、サムネイルだけが並んだ.xlsxをExport

画像12

5.Exportした.xlsxをExcelで開き、SilverStackからExportしたHTMLをImport

画像10

6.HTMLのPreview(サムネイル)項目以外を選択し、コピー

画像10

7.ShotList.xlsxの、Center Frameの隣のセルを右クリックし、値 or Valueでペースト

画像10

8.レイアウトを整えてSaveし、出来上がり

画像11

エクセル形式になってしまえば手軽に整形したり、クラウドへアップロードして共同作業するなど活用の幅がグッと広がります。

writen by kogami





4
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace 撮影部 メモ
L'espace 撮影部 メモ
  • 10本

レスパスビジョン撮影部の技術メモです。 https://www.shooting.lespace.co.jp/