見出し画像

[Mac OS X] WEBから入手したアプリケーションが起動しない

■ OSXの起動時のセキュリティについて

MACOS X 10.10 Yosemite以降はセキュリティのためWEB経由でダウンロードしたアプリは何らかの「セキュリティ設定」を行わないと起動できません。

弊社の"RapidCopySuite"でも初回起動時には同様です。


画像1

■ 右クリックメニューから解除する方法

アプリを選択し、右クリックで「開く」を選択するとパスワードを聞かれます。パスワードを入力すれば次回からは通常通り起動可能です。
※RapidCopy Proインストーラー、RapidCopy、RapidList Pro、LTFS Quick Tools、RC_MultiLauncherで設定が必要です。

画像2

「開く」をクリックして自分のアカウントのパスワードを入力して認証させます。
アプリケーションでもインストーラーでも上記の設定を一度設定すると開けるようになります。

画像3

■ システム環境設定から解除する方法

起動がブロックされた直後に「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

画像4

画面下の「このまま開く」をクリックします。

画像5

最後に「開く」をもう一度クリック

画像6

これで起動できるようになります。右クリックで「開く」の方が簡単かと思います。
WEBから新バージョンをダウンロードした場合は再度この手順を行う必要があります。お試しください。

written by kuboe





2
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace ソフトウェア・IT Tips
L'espace ソフトウェア・IT Tips
  • 24本

レスパスビジョンが開発しているソフトウェアのTipsやコーポレートIT業務でのTipsなどをご紹介。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。