見出し画像

ポスプロ編集室への「リモートセッション」対応のお知らせ

Zoom、*2Microsoft Teamsを利用した低遅延での編集室へのリモートセッションが可能になりました。
お客様が使い慣れているZoomやMicrosoft Teams(ビデオ会議システム)を利用しますので操作は簡単で*1セキュアです。

編集室の作業中のSDI/HDMI(OFF-LINE / ON-LINE / MA:Protools出力など)、
スタジオ撮影中のカメラのSDI信号を遠隔地で確認することが可能です。

*1
■2020/4/5のZoomセキュリティポリシー変更について。
動画配信に対して運用セキュリティポリシーを強化いたしました。
・セキュリティパッチ済みの最新のバージョンのZoomを使用
・原則、全ユーザー「待機室」の使用。ルーム参加を承認運用に。
・強いパスワードを設定
・ゲスト参加不可
・ルーム参加時はマイクとカメラはミュート
*2
Microsoft Teams での配信にも対応しました。

Zoomに比べアプリ動作が重く、ある程度高速なPCが必要になります。
ネットワーク環境悪い場合はカクツキ・画質荒れがZoomに比べて大きくなる傾向があります。

■ Zoom配信の特徴

・お客様側のZoomアカウントは無償で作成可能です。

・ストリーミングとは違い、低遅延でラグが少ないため遠隔地でも会話しながらリモートセッション可能です。

・遅延はビデオ込みでも10-150ms(1-5フレーム)

・映像は720p/30fps 約2Mbpsになります。

(低遅延優先仕様のためfpsは可変になります)
※遅延は東京都内同士の計測です。

動画に音声がある場合、配信と会話を同じルームにすると音量差などで非常に作業効率が落ちてしまいます。

対策として
・動画配信専用としてZoom1アカウントを使用。
・編集アプリの音量を下げる
・会話用として別の手段を確保(Zoomやskypeを使用)
が挙げられます。

以下は弊社の実際の対応です。都度担当者様と調整して運用しています。

・効率悪いが動画配信と会話を同じルームで行う
・携帯電話でやり取り
・通話用の別のZoomアカウントを使用
・LINE無料通話、Facebook Messenger等のネット通話


Zoomは驚きの低遅延でビデオ配信可能です。
「送信」「受信」のレイテンシ合計が全体の遅延になります。

各fpsの1フレームの時間が以下ですので1-3フレームのディレイで配信が可能です。
・30fps=33.4ms
・60fps=16.7ms

画像1


■Zoom配信の注意点

Zoomで映像を見る側の注意点としてはWindows/Mac環境のZoomアプリ使用をおすすめします。
スマホ(iOS)/タブレット(iPadOS)では以下の問題がありました。

・映像の16:9が若干クロップされてしまう
・遅延がWindows/Macと比べて大きい
・720pではなく480pになる

ご注意ください。


■ Zoom以外のストリーミング配信

「高画質ストリーミング配信」をご希望の場合は別システムを使用いたします。
・高画質 720p/30fps  約6Mbps(遅延は6秒~20秒になります)

一般の低遅延WEBストリーミング配信はお客様側のネットワーク速度・環境に非常に敏感でコマ落ちが発生しやすいです。
コマの滑らかさ、遅延を考慮し、Zoomでセッション参加していただき、作業後にチェック用mp4を確認するのをおすすめいたします。

ネットワークが低速な環境でもZoomのスムーズなストリーミング技術の恩恵を受けることが出来ます。


『編集室へのリモートセッション』
に関しては各営業担当に事前にご相談ください!



14
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace ソフトウェア・IT Tips
L'espace ソフトウェア・IT Tips
  • 23本

レスパスビジョンが開発しているソフトウェアのTipsやコーポレートIT業務でのTipsなどをご紹介。