見出し画像

Blackmagic 「Web Presenter」 AJA製品の「SDI信号」を入力する際の注意

ZoomやTeams、レスパス "L’espace Cloud View"を配信するときなど様々な用途でビデオ信号をUVC(WEBカメラ)扱いで配信ストリームを生成できるBlackmagic Web Presenterという便利な製品があります。

様々なビデオ信号を独自のスケーラーを介して安定してハードウェアエンコードしてくれる便利な製品です。UHDでも1080pでもストリーミングに最適な720pに変換して高品質なWEBカメラとして扱え大変便利です。
小さいハードウェアにありがちな熱暴走も問題なく安定して配信に使えます。ハードウェアエンコード&USB2.0なのでPC側の負荷が少なく高速なPCでなくともOBS経由で安定して配信できるのも魅力です。

ただし現状のファームウェアバージョンでは以下の問題が起きてしまいます。

『AJA製品のSDI信号を使用すると色が赤くなる現象』

おなじみのAJA製品のSDIを入力で使用すると一見正常に信号がエンコードされているように見えますが、明らかに映像の色が赤く変わってしまいます
「ポスプロ業務」の視点で考えると事故レベルの変色が生じてしまいます。
この問題はHDMI入力では生じません。

Blackmagic Web PresenterにSDI入力すると色が赤く変わってしまう製品
※2020/10/23時点での弊社調べ
・AJA ioXT
・AJA Io 4K Plus
・AJA Kona4

※その他AJA製のコンバーター類は未確認です
Blackmagic Web PresenterにSDI入力すると色が赤く変わってしまう映像製作システム
※2020/10/23時点での弊社調べ

・QTAKE HD (AJA ioXT)
・Filmlight Baselight (AJA KONA4)
・Adobe Premiere (AJA Io 4K Plus)
・Autodesk flame (AJA KONA4)

その他AJA製品のコンピューター用SDI出力カードは全て該当すると思われます

回避方法

非常に面倒ですが回避方法はあります。

”SDIからHDMIにコンバーターで変換し、入力する”

以上の方法で回避可能です。

SDI to HDMIコンバーター
Mini Converter SDI to HDMI 6G
pでもpsf信号でもHDMIに変換できます。
※BMD製品のコンバーターであればどの世代のものでもOKです。

Blackmagic社製SDI出力デバイスを使用する
当たり前ですがBlackmagic社製SDI出力では映像が赤くなることはありません。

Blackmagic Web PresenterのSDI入力で問題ないデバイス

・UltraStudioシリーズ

・DeckLinkシリーズ

よってBlackmagic社製品をSDI出力使用するシステムは問題ありません。

・Avid Pro Tools / Satellite LinkのSDI出力 (DeckLink)
・Blackmagic Design "DaVinci Resolve" (DeckLink)


信号の確認方法

Blackmagic Web Presenterは簡易スイッチャー機能があります。

1ch :SDI入力
2ch :HDMI入力

になっていますのでSDIと変換されたHDMIをどちらも入力します。
Teranex mini Rack Smart Panel を本体に装着している前提ですが、前面の1chボタン/2chボタンを押して信号を切り替えて見た目に違いがあるかOBSの画面で確認します。
AJA製品のSDI入力の場合は映像が赤く変色しているのが確認できます。

2chのHDMI入力は問題ないことを確認してください。

現状では不特定のスタッフが配信セットアップ運用する場合、SDI入力は使用禁止にしたほうが良さそうです。

想定される原因

あくまで個人的妄想です。

SDIにはビデオ信号以外に多くの「メタデータ」アンシラリ(ANC)が含まれており、AJA製品の特定のメタデータに反応してBlackmagic Web Presenterが勝手に色味を変更してしまっているのではないか?

Blackmagic Web Presenter自体に色味を変更する機能は無いはず。しかし現状は意図しない信号処理がされてしまう。
Blackmagic Web Presenterの入力段のスケーラーは同社Teranexの技術を応用しているので想定外の「メタデータ」に反応し、意図しない信号処理がなされてしまうのではないか?

Blackmagic Web Presenterの最終ファームウェア更新は2017年5月3日。
各社がSDI信号にHDR関連のメタデータを実装する前なので現状のAJA製品のHDR関連のアンシラリデータに対して想定外の映像処理をしてしまっているのではないか。

ブラックマジック社には本現象をレポートしており、改善の要望を出しております。

手軽に使えるデバイスなので是非改善してほしいですね。

本製品に限らず、SDIアンシラリ(ANC)メタデータによる意図しない信号処理は日頃からチェックしたほうが良さそうです。

※OBS、Vimeo Livestreamなど配信アプリに関わらずこの事象は発生いたします。

※取り急ぎの注意喚起のため赤く変色する画像などは現時点では準備できておりません。

2020/10/23


written by kuboe




8
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace Visionのつぶやき
L'espace Visionのつぶやき
  • 44本

レスパスビジョンからのお知らせ、コラムなど不定期に投稿予定です。