見出し画像

[Premiere TIPS] 「クリップで置き換え(マッチフレーム)」が便利

Premiere Pro は「クリップで置き換え(マッチフレーム)」が便利です。
置き換える新しいクリップのフレームと、置き換え前のクリップのフレームをマッチさせて置き換えができます。置き換え後もクリップに適用されているモーション、エフェクトなどは保持されたままです。

この機能は、例えば、動きのタイミングを変えずに別テイクに差し替えたい場合などに有効です。

以下、手順です。

1. 置き換えたいクリップをソースモニターに呼び出し

この例では、これから「2:00:00:00」の画に置き換えたいため、ソースモニターに「2:00:00:00」の画を表示。

画像1

2.タイムラインパネルにて置き換え先の画に移動し、置き換え先のクリップを選択

この例では、置き換え先の「1:00:00:00」の画に移動し、そのクリップを選択します。クイックカラー補正エフェクトも適用済み。

画像2

3.ソースモニターから(マッチフレーム)を選択

メニュー[クリップ]-[クリップで置き換え]-[ソースモニターから(マッチフレーム)]を選択。

画像3

「1:00:00:00」が「2:00:00:00」の画に置き換わりました。
クイックカラー補正エフェクトも保持されたままです。

画像4

ショートカットも割り当て可能です。

画像5

Shift + Option キーを押しながら、ソースモニターからタイムラインのクリップへのドラッグでも可能です。
詳しくは、Premiere ヘルプ「タイムラインでのクリップの置き換え」

written by 栃澤孝至(お手伝いさせて頂いた作品リスト


















4
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace Editing Tips !
L'espace Editing Tips !
  • 25本

Adobe Premiere ProやAVID MC、DaVinci Resolveなどの便利なTipsをご紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。