見出し画像

[RapidCopy TIPS] shotlistとのチェックサム連携機能

RapidCopy TIPSの第五回です。

今回はRapidCopyshotlistの連携機能について解説します。

shotlistにはDITなどマスター素材を取り扱う人向けに、ハッシュ値を出力する機能があります。

このとき、ハッシュ値出力のためにはファイルを全て読み込む必要があり、数百GBのQTなどの大きいファイルの場合、非常に多くの計算時間がかかります。(通常数時間)

RapidCopyの連携機能を使用すると、この際の計算処理を行わず、RapidCopy側で計算したチェックサムを流用することができ、shotlistでのハッシュ値計算時間を短縮することができます。

RapidCopyの設定

RapidCopy側ではメニューの「一般設定」を開き「ベリファイ方式」を確認します。

shotlistの「ハッシュアルゴリズム 」と同一の内容が選ばれているか確認してください。

RapidCopyではVer1.3.1までは「MD5」が1.3.1からは「xxhash」がデフォルトになっています。

画像1

コピー前に「EA」「ベリファイ」にチェックが入っていることを確認します。

画像2

あとはいつも通り、コピーをかけてください。

RapidCopy1.3.1以降では、EAとベリファイを有効にした場合、
コピー先データのEAにハッシュ値を含む独自のメタデータを付与します。

このメタデータはターミナルのxattr -lコマンドで存在を確認できます。

画像3

図中の赤線部分がハッシュ値です。

shotlistのチェックサム算出機能の設定

デフォルトではハッシュ値の出力自体が無効になっているため、まず有効にする必要があります。

shotlistのメニューからPreferencesを開いて設定画面を出します。

画像4

「選択対象外」中の「checksum」を選んでから「取得対象に加える」を押して「選択中」のリストに加えます。

画像5

Miscタブを選んで、ハッシュアルゴリズムを確認しておきます。

デフォルトはxxhashで、RapidCopy1.3.1のデフォルトと同一になっています。

画像6

shotlist側の設定は以上です。

あとは通常通り、shotlist側でインポートをかけてみてください。

通常数時間はかかるチェックサム計算が一瞬で終わるはずです。

RapidCopyとshotlistを両方使っている人は試してみてください。

written by sawatsu



3
レスパスビジョンは東京代々木駅近くにある「ポストプロダクション」の会社です。 CM、MV、企業プロモーション映像、映画、ドラマなどの「映像の完成品」を仕上げる会社です 最新鋭の編集機材と映像と音にとことんこだわる技術スタッフが日々新しいクリエイティブにチャレンジしています!

こちらでもピックアップされています

L'espace ソフトウェア・IT Tips
L'espace ソフトウェア・IT Tips
  • 22本

レスパスビジョンが開発しているソフトウェアのTipsやコーポレートIT業務でのTipsなどをご紹介。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。