L'espace ソフトウェア・IT Tips

27
RapidCopyProをコマンドラインで定期実行する その2

RapidCopyProをコマンドラインで定期実行する その2

前の記事ではAutomatorからカレンダーのスケジュールを直接作成しました。 注意点としてはカレンダーに保存した瞬間に設定したコマンドが「即実行」されてしまいます。 使い勝手が悪いのでAutomatorで先に.appを作り、あとからカレンダー.appにスケジュール登録する方法を試してみましょう。 ■「カレンダー.app」から新規スケジュールを作成する先にAutomatorでコマンドをアプリ化します。 「カレンダーアラーム」ではなく「アプリケーション」から始めてください。

スキ
4
RapidCopyProをコマンドラインで定期実行する その1

RapidCopyProをコマンドラインで定期実行する その1

RapidCopySuite に同梱されている業務版の「RapidCopyPro」を使うとコピー処理をコマンドライン経由で制御でき、定期実行などが可能になります。 必要なアプリRapidCopyPro ターミナル.app Automator.app カレンダー.app 「ターミナル」でコマンドラインの動作を確認するまずはターミナル.appでコマンドライン経由のRapidCopyProが正しく動作するか確認しましょう。 まずは動作をテストします。テスト用ファイルを作成し、

スキ
5
セミナー資料「社内開発で切り開くベストプラクティス」

セミナー資料「社内開発で切り開くベストプラクティス」

レスパスビジョンがInterBee2018にて発表させていただいた「スライド資料」をPDFで公開いたします。 弊社の事例であり参考にならないかもしれませんが、何かのお役に立てれば幸いです。 社内の12PBものストレージをどのようにハンドリングしているかなどをまとめてあります。 INTER BEE CREATIVE 基調講演(2018年11月16日) 社内開発で切り開くベストプラクティスBest practice and R&D ■インフラ・自作サーバーの構築 ■50TBを

スキ
4