L'espace ソフトウェア・IT Tips

25
[shotlist TIPS] shotlistとGoogleスプレッドシート,WEB版Office365

[shotlist TIPS] shotlistとGoogleスプレッドシート,WEB版Office365

shotlistとオンラインサービス shotlistで生成したExcelファイルですが、映画のカット表や素材の共有管理などのためにOffice365(Online)やGoogleスプレッドシートなどにアップロードしたくなりますよね。 しかし、shotlistで生成したExcelデータをオンラインサービスで共有する際にはちょっと注意が必要です。 Office365 Onlineの場合の注意点 Office365では一つのExcelファイルのサイズが15MB以下である必

5
[shotlist コラム] shotlistで使われているOSSについて

[shotlist コラム] shotlistで使われているOSSについて

shotlistでは多種多様な静止画/動画を読み込むためにオープンソースソフトウェア(OSS)を積極的に活用しています。 なおshotlist自体のコードもOSSです。こちらをご覧ください。 静止画:OpenImageIO Sony Pictures ImageworksのLarry Gritz博士がメインで開発している主に静止画をターゲットにした総合画像ライブラリです。 CG/VFX界隈特有の特殊なファイルへの対応はもちろん、ドキュメントがとても充実しています。(正

6
[shotlist TIPS] shotlistが対応しない動画/静止画形式

[shotlist TIPS] shotlistが対応しない動画/静止画形式

shotlistのちょっとマニアックな補足です。 現時点で未対応のフォーマットについてこちらで補足します。 以下のフォーマットについてはshotlistではサポートしていません。 MXF(SONY RAW) MXF(SONY SStP) MXF(ARRIRAW) MXF(OP-Atom) MXF(Op-1b) R3D(Red全般) shotlistでは動画のデコードにはffmpeg4.0.xを、静止画のデコードにはOpenImageIO2.0.xを使用しています。

3
[RapidCopy TIPS] shotlistとのチェックサム連携機能

[RapidCopy TIPS] shotlistとのチェックサム連携機能

RapidCopy TIPSの第五回です。 今回はRapidCopyとshotlistの連携機能について解説します。 shotlistにはDITなどマスター素材を取り扱う人向けに、ハッシュ値を出力する機能があります。 このとき、ハッシュ値出力のためにはファイルを全て読み込む必要があり、数百GBのQTなどの大きいファイルの場合、非常に多くの計算時間がかかります。(通常数時間) RapidCopyの連携機能を使用すると、この際の計算処理を行わず、RapidCopy側で計算

3