マガジンのカバー画像

"Steam-Studio" Memo

11
レスパスビジョンのCG/VFXチーム「Steam-Studio」からのお知らせ。 担当した作品紹介や3Dスキャンの実験風景などを投稿予定です。https://www.steam- もっと読む
運営しているクリエイター

#AR_VR

固定された記事

「3Dスキャン」参加プロジェクト 一覧

3Dスキャンスタジオ"iris"が参加させていただいたプロジェクト(一部)のご紹介です。 高精細な3Dスキャン素材は様々な用途に活用可能です。HPからお気軽にお問い合わせください。 2022年Buffalo Daughter - 『We Are The Times』 MV Direction & EDIT : Yutaro Mori (L'espace Vision) ColorGrading : Kento Katayama (L'espace Vision) Supe

スキ
4

iOS13でARを体験してみる(ARサンプルあり)

3Dスキャンスタジオ "iris”でスキャンした3Dモデルは条件が良ければ未修正のままでもそこそこAR用途で使えてしまいます。本格的に3Dモデルを作り込まなくともARのテスト用途には十分な品質があります。 3Dスキャンの流れは以下になります。 iOS13(iPhone,iPad)であればUSDZを開くだけですぐにARを開始することができます。そんな便利な機能がApple Quick Lookです。 さっそく以下のAR用ファイルをiOSの「ファイル」にダウンロードしてみま

スキ
8

3DスキャンデータをAR用途に活用

iOSで今すぐARを試したい方はこちらのページへ! 2019年11月13日 に開催されましたInterBee2019でレスパスビジョンのブースを出展させていただきました。 展示ブース内の「Apple ARkit AR体験コーナー」では3Dスキャンされた人物をiPadで実際にAR体験していただきました。 iPadの内部ストレージに3DスキャンからUSDZに変換されたデータを置くだけでQuick Lookの機能で簡単にARを体験することができます。 3DスキャンからARに

スキ
9