"Steam-Studio" Memo

9
iOS13でARを体験してみる(ARサンプルあり)

iOS13でARを体験してみる(ARサンプルあり)

3Dスキャンスタジオ "iris”でスキャンした3Dモデルは条件が良ければ未修正のままでもそこそこAR用途で使えてしまいます。本格的に3Dモデルを作り込まなくともARのテスト用途には十分な品質があります。 3Dスキャンの流れは以下になります。 iOS13(iPhone,iPad)であればUSDZを開くだけですぐにARを開始することができます。そんな便利な機能がApple Quick Lookです。 さっそく以下のAR用ファイルをiOSの「ファイル」にダウンロードしてみま

8
3DスキャンデータをAR用途に活用

3DスキャンデータをAR用途に活用

iOSで今すぐARを試したい方はこちらのページへ! 2019年11月13日 に開催されましたInterBee2019でレスパスビジョンのブースを出展させていただきました。 展示ブース内の「Apple ARkit AR体験コーナー」では3Dスキャンされた人物をiPadで実際にAR体験していただきました。 iPadの内部ストレージに3DスキャンからUSDZに変換されたデータを置くだけでQuick Lookの機能で簡単にARを体験することができます。 3DスキャンからARに

9
【事例】4Kドラマで大量のスイーツをフォトグラメトリーで3D化

【事例】4Kドラマで大量のスイーツをフォトグラメトリーで3D化

2017年7月から放送されていたテレビ東京【木ドラ25】『さぼリーマン甘太朗』のポストプロダクション作業を担当し、モデリング、フォトグラメトリ、VFX、オフライン編集、オンライン編集、MA作業を行いました。 本作ではテレビ東京以外にも、BS JAPANでの放送やNetflixオリジナルドラマシリーズとしてUHDで世界配信中です。 本作はNetflix納品向けにUHDでのマスターが必要であり、様々な「スイーツ」を実写素材と組み合わせるVFX作業が多く、従来の手作業での

8
写真測量法(フォトグラメトリー)を用いた3Dスキャン スタジオ『iris』について

写真測量法(フォトグラメトリー)を用いた3Dスキャン スタジオ『iris』について

レスパスビジョン株式会社は多数の一眼レフカメラから写真測量法(フォトグラメトリー)を用いて高品質な3Dモデルデータを生成する3D スキャンスタジオ『iris』を2017年6月より弊社地下2階のスタジオにオープンしました。おかげさまで好評稼働中です。 開発・運用は弊社のクリエイティブチーム"steam studio"が担当しました。スタジオにはモデラー兼VFXジェネラリスト4名が常駐しており作品によって最適なアプローチを提案可能な体勢になっています。 ・3Dスキャンサンプル

13